薔薇色の人生(を夢見るある夫婦の日常)

自分たちの備忘録、気づき、思った事などを書いていきます。

MENU

この世は『ご縁』で回っている!あなたは『一期一会』をどう考えるか?

f:id:barairofuufu:20190220224540p:plain

どうも、51(コーイチ)です。

 

出会いと別れ。

長い人生の中で、人は何度も出会いと別れを繰り返して生きています。

私はまったく出会いも別れも繰り返さないよ!って人はいないはずです。

もしいるとしたら、ちょっと考えものですよ。

 

この世は『ご縁』で回っている!

 

この世は『ご縁』で回っている。

会う人すべてが決まっていると言っているのではありません。

この世界、すべてが『ご縁』で回っているのです。

学生の頃、同じ学年や同じクラスになるのも『ご縁』。

数あるバイトの中で面接に受かって働き出すのも『ご縁』。

就職・転職も『ご縁』なのです。

 

一期一会をどう考えるか?

 

あなたはこの『一期一会』と言う言葉を聞いたことがあると思います。

一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来する日本ことわざ四字熟語。茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する[1]

出典:一期一会 - Wikipedia

「あぁ、聞いたことあるよ」程度ですか?

もったいないです!

是非、日々の生活の中で意識して過ごして欲しいのです。

 

今日会った人が明日も会えるとは限らない。

今日会った人が来週も会えるとは限らない。

今日会った人が来月も会えるとは限らない。

 

『ご縁』を活かすのは、この『一期一会』を大事に考えるかどうかなのです!

 

一期一会の『ご縁』とは、どんなものが想定できるでしょうか?

  • 飛び込み営業などの仕事
  • 交流会など、初めて参加する会
  • 飛行機、新幹線などでたまたま隣になる人

 

どこにでも『一期一会』の機会は存在します。

そうです、あなたが意識すれば『一期一会』はどこでも存在するのです。

 

今目の前で話している人にいつまでも覚えてもらおうと思えば、この『ご縁』を大切にし、『一期一会』を意識して接するのが大事なのです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

この世は『ご縁』で回っている!

目の前の人は次いつ会えるかわからない。

一生懸命に接すれば、次も会ってみたいなって思ってくれる。

適当に接すれば、次は別に会わなくてもいいかなってなる。

今目の前で話している人に対して、どれだけ真剣になれるか!

これが、『一期一会』を『ご縁』に変える作法なのです。

 

このブログを見てくれているのも何かの『ご縁』です!

いつも見てくれてありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

スポンサーリンク