薔薇色の人生(を夢見るある夫婦の日常)

自分たちの備忘録、気づき、思った事などを書いていきます。

MENU

【気づき】『絶好調!』なときこそ、冷静になる!メリットはこんなにもある!

è¸ãã姫æ§ã®ã¤ã©ã¹ã

どうも、51(コーイチ)です。

 

わたしは以前『最近調子はどうですか?』という質問に対して『絶好調です!』と返事をすれば、会話が繋がるという記事を書きました。

barairofuufu.com

『絶好調!』なときこそ、してほしいことがあります。

それはなんだと思いますか?

 

『絶好調!』なときこそ、冷静になる!

 

失敗したときは「何を間違ったのか?」「他に手段はないか?」って反省しますよね。

これはごく普通でこのまま続けて欲しいことです。

わたしが言いたいのは『絶好調!』なときこそ、冷静になるということ。

【勝って兜の緒を締めよ】という有名な言葉があります。

いろんな方が言っていますが、戦国大名の北条氏綱が初めて言ったとされています。

何でも上手くいって怖いものなし、本当に『絶好調!』だと思うのは仕方がないこと。

気分が舞い上がっているときはミスをしやすい。

しかもそのミスに気づきにくい。

気づかないでいると、小さなミスも時間が経つことで大きなミスに発展します。

ハインリッヒの法則というものがあります。

1つの重大な事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300もの異常が存在するというものです。

冷静さを失い舞い上がり、300もの異常のうちの1つを見失わないようにしないといけません。

 

『絶好調!』なときに冷静になるメリット!

 

『絶好調!』なときに冷静になるメリットとは何でしょう?

  • 冷静に物事を判断できる
  • 『絶好調!』になった理由を分析できる
  • 分析の結果から、また『絶好調!』の波を起こせる
  • ミスが発生しても落ち着いて対応ができる

今思いついただけでもこれだけ出てきました。

『絶好調!』ということは、ある意味【てっぺん】ということ。

【てっぺん】にいるとしたら、後は下っていくだけですよね?

その【てっぺん】からさらに【てっぺん】を目指していく為には一度冷静になって分析をする。

前回『現状維持は衰退』という記事を書きました。

www.barairofuufu.com

【てっぺん】を守ろうと現状維持していては衰退していく一方です。

『絶好調!』なときこそ冷静になって、高みを目指していきましょう! 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

『絶好調!』なときこそ、冷静になる!ということを書いてみました。

気分は舞い上がってなかなか冷静にならないですよね?

そうなんです。

これはわたし自身に言い聞かせている話でもあるのです。

今月の初めに子どもが産まれ、幼馴染にも20数年ぶりに会う。

また10数年ぶりに偶然恩師にも会ったり『絶好調!』なことが続きました。

もちろん冷静ではいられなく、テンションは高いままです。

しかしここで気づきました。

こんなに浮かれていては小さなミスが発見できず、大きな事故になりかねないと。

少し冷静になって、ものごとを客観視しようと。

上手くいっているときこそ、冷静になって周りを見渡したいですね。

 

『絶好調!』なときこそ、冷静になろう!

舞い上がりすぎは事故の元です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

スポンサーリンク