薔薇色の人生(を夢見るある夫婦の日常)

自分たちの備忘録、気づき、思った事などを書いていきます。

MENU

【読書】本は読むのではなく『刷り込む』ということ!忘れない為の方法

æ¬ã読ãã§éãã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼

どうも、51(コーイチ)です。

 

読書の秋が終わってもう冬になってしまいました。

本って読んでいますか?

世間では1ヶ月に1冊も読んでない人が47.5%もいます。

1か月に読む本の冊数について。

1か月に大体何冊くらい本を読んでいるか
を尋ねた。
「読まない」の割合が 47.5%と最も高い。
次いで,「1,2冊」の割合が 34.5%,「3,
4冊」の割合が 10.9%,「5,6冊」の割合
が 3.4%,「7冊以上」が 3.6%となっている。
過去の調査結果(平成 14,20 年度)と比較
すると,平成 20 年度調査から大きな変化は見
られない。

文化庁 平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要

ということは1冊でも読めば、読んでない人に比べて47.5%の人より一歩前に進めるということ。

だがしかし、その読んだ本を思い出せずに苦労したことって ありませんか?

 

本は1度読むだけでは覚えられない

 

本って一度読むだけで覚えられますか?

以前図書館で本を借りていましたが肝心な内容が思い出せない。

もう一度同じ本を借りに行くのって何か嫌ですよね?

なんで思い出せないのか考えてみました。

本の内容が思い出せない原因

  • テレビを見ながら本を読んだ
  • 一度しか読んでいない
  • 読んでから数年経過している
  • 目次をちゃんと見ていない
  • 意識して読んでいない

本を意識して読んでいないとはどうゆうことかわかりますか?

ビジネス書であれば1冊につき1個でも実行してみる。

その1個も実行していないということは、忘れていることが多い。

どうして忘れてしまうのかは、意識して読んでいないから。

 

 

本は読むのではなく『刷り込む』

 

わたしがおすすめするのは、本は読むのではなく『刷り込む』ということ。

どうすればいいのか?

  1. 「もくじ」を見る
  2. 「はじめに」を見る
  3. 「終わりに」を見る
  4. 一気に流し読みをする
  5. 「もくじ」に戻り、気になるところを重点的に『刷り込む』

『刷り込む』ということは、その箇所を重点的に読む、または紙に書いたりノートにメモしたりする。

本を閉じても思い出せるくらい繰り返す。

脳に『刷り込む』イメージです。

また、読んだ本の内容を要約して人に教えると、反復することができて脳に定着しやすくなります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今までなんとなく読んで満足していませんでしたか?

とりあえず1回読んで満足して本棚に置く。

小説、漫画であればそれでよかったです。

ビジネス書や何か生活の役に立てたいと思って買った本であれば、何か実践しないともったいない。

実践する為には忘れないように『刷り込む』。

脳に定着するくらい『刷り込め』ば、いつでも実践できる。

 

『刷り込む』ことはいろんなことに応用できそう!

意識してしっかり『刷り込もう』

スポンサーリンク