薔薇色の人生(を夢見るある夫婦の日常)

自分たちの備忘録、気づき、思った事などを書いていきます。

MENU

景気が悪いから暗めの服を着るのか?それとも暗めの服を着るから景気が悪いのか? → では、こうしたら好景気になるんじゃないのか!

å¬æãçãç·æ§ã®ã¤ã©ã¹ã

どうも、51(コーイチ)です。

 

めっきり寒くなってきましたね。

寒い地域ではコートを着ている人もいるのではないでしょうか?

寒くなると暗めの服が多いなって思いませんか?

今日はそんな疑問から景気についても考えてみました。

 

冬って暗めの服を着がちですよね!

 

どうしても冬になると暗めの服を着がちにならないですか?

テレビCMを見ると暗めの服。

新聞広告を見ても暗めの服。

市場に出回っているのが暗めの服ばかりだったら、なおさら手に入りやすいので買ってしまいます。

暗めの服のイメージ

  • 重たい
  • 近寄り難い
  • 怖い、暗い
  • 財布の紐が硬い
  • 景気が悪い

 

明るい服のイメージはこんな感じじゃないでしょうか。

明るい服のイメージ

  • 軽い
  • 近づきやすい
  • 明るい
  • 話しやすい
  • 財布の紐が軽い
  • 景気が良い

 

過去の流行色から考えた見方もあります。

過去の流行色の流れを踏まえれば、消費者は、「経済効率や着用効果の面から、不況時にはベーシックなカラーを選びやすく、好況時には色を楽しめるような、明るい色、鮮やかな色、個性的な色を選びやすい」と言うことができるでしょう。

出典:一般社団法人日本流行色協会

 

不況時はベーシックなカラー、黒やネイビー、グレーやベージュ、ブラウンなどの暗めの服を着る傾向があると出ている。

そんな傾向が出ているのでしたらこうしたらどうでしょうか?

 

発想の転換でこうしちゃえ!

 

もう発想の転換で明るい色、鮮やかな色、個性的な色を着てしまう!

例えば実験として、ある地域だけでも冬に明るい色ばかり着ていれば、景気がいいのかな?って錯覚する。

それを見た人たちがどんどんお金を使う。

どんどんお金を使えば景気が良くなる。

景気が良くなれば自然と明るい色、鮮やかな色が流行色になっていく。

『風が吹けば桶屋が儲かる』理論で、ある地域の実験が違う地域にも波及し、ゆくゆくは大規模な地域まで広がっていく。

これは想像するだけでも面白い!

単純な発想ですが、無理やり明るい服を着る人が増えれば好景気になる!

これは是非どこかで実験してほしいですね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

景気が悪いから暗めの服を着ているのか。

暗めの服を着ているから景気が悪いのか。

どちらにしてもそうなりそうなので、いきなり明るい服を着る!

明るい服を着る人たちが増えれば好景気になるかもしれない!

好景気になれば給与が上がるかもしれないし、物価も下がるかもしれない。

そうなれば、もっと明るい服を着る人が増えて好景気になっていく。

とても良い流れだ!

 

いきなり明るい服を着て、好景気を作っちゃえ!

好景気になればいい事尽くしだぜ

スポンサーリンク