薔薇色の人生(を夢見るある夫婦の日常)

自分たちの備忘録、気づき、思った事などを書いていきます。

MENU

【松竹梅の法則】人は無意識のうちに誘導されている!

ã¡ãã¥ã¼ãé¸ã¶å®¶æã®ã¤ã©ã¹ã

どうも、51(コーイチ)です。

 

心理学っていろいろありますよね?

生活している中で自然と溶け込んでいるものもあります。

そう、身近に存在しているのです。

 

 

『松竹梅の法則』って知っていますか?

 

松竹梅の法則って聞いたことありますか?

聞いたことなくてもこのシチュエーションはわかるかもです。

 

例:家族で鰻屋さんに行きました。

あなたはどの値段のうな丼を選びますか?

  1. 梅 980円
  2. 竹 1,480円
  3. 松 3,980円

 

人は3パターンあると真ん中を選びやすい傾向があると言われています。

 

自分ひとりでお店に行っていたら梅かもしれないが、集団(家族など)で行くと特にその傾向が表れると。

 

松を選ぶほどお金を使いたくないかど、梅を選ぶとケチじゃないかと思われてしまう。

 

人間の心理をついた上手い商売ということですね。

 

これを行動経済学では『極端回避性』と言います。

極端回避性とは編集

 

お寿司屋さんなど高いお店、コース料理があるお店など多いかもですね。

実は知らない間に心理学・行動経済学を利用されて無意識のうちに誘導されているのかもしれません。

これを知ってから買い物に行くと、見栄だとか考えず自分の食べたいものを選べるのかもですね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

知らない間に心理学を使って誘導されていることって他にも探せばありそうですよね。

まぁ、そこまで考えずに3パターン用意しているお店もあるでしょう。

 

だいたい真ん中選んでたなぁ!誘導されてたってこと?

まぁ真ん中が美味そうだったからじゃない?

スポンサーリンク